2009年夏のバラ

季節の花

気象庁から「7月は異常気象だった」とのコメントがでました。

こちらも、夏らしい日差しは相変わらずほとんどありません。

この異常気象による豪雨や竜巻等で被災された方々に、心より御見舞い申し上げます。

農作物の日照不足や低温等の被害も心配されますね。

気分が↓がちなので、先日季節の花を買ってきて、ちょっと寂しくなっている庭に色を添えました。

   

「日々草」です。

Cimg97722 御馴染の植物ですが、この子は這性の品種で、ハンギング等に植えると枝垂れるように枝を伸ばします。

淡いピンクが優しい印象ですね。

「ビオラ」。

Cimg97792 こちらは春の代表的な花ですね。

この子は、春咲いたこぼれ種から自然に育って開花したんですよ。

暑さに弱いはずなのにクレマチスの鉢の中で元気にしています。

「マリゴールド」。

Cimg97812 この子は花がまん丸で大きな品種です。

これからもっとボリュームある姿になります。

   

そして、

Cimg97742 コリウスをメインにした寄せ植えを作ってみました。

まだちょっと物足りない感じですが、成長すると賑やかになりそうです。

藤色の日々草や暖色のランタナと組み合わせて、コリウスの葉の美しいコントラストを楽しめるようにしました。

最後は、とても元気なので摘蕾せずに咲かせちゃった「レディヒリンドン」です。

Cimg97652 Cimg97662 春と変わらない美しい花を見せてくれました。

香りはかなり弱くなっていましたが・・。

  

Cimg97672 今年はバラの調子が悪くて、春に元気に咲いた子でも、急に枝が枯れ込んでしまっている株がいくつかあります。

復活は難しそう・・・。

季節はずれの強風が堪えたのかもしれません。

  

今日のおまけは、

今年も見つけました!

Cimg97852 蝉の抜け殻です。

源氏物語の「空蝉」とは大分イメージが違いますよね。(笑)

今頃は、木の幹にくっついて大きな声で鳴いているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな花が咲きました

昨日は、46年ぶりの「皆既日食」に沸いた1日でしたね。

皆さんはご覧になりましたか?

私もずっと楽しみにしていたのですが、残念ながら厚い雲に阻まれて見ることは叶いませんでした。

どんよりとして時折雨が落ちてくる空を見上げては、溜息をついていました。

昼間なのに真っ暗になる感覚ってどんなのでしょう。

次回の皆既日食を体験できる機会は26年後だとか・・・。

今度は関東も部分日食ではなく皆既日食を見ることができるそうですね。

それを楽しみに長生きしなくちゃ。(笑)

 

先日ご紹介したミニカトレアが、とても美しい姿で開花しました。

Cimg96702 Cimg96732 夏は、蕾が大きくなるのも本当に早いです。

日増しに膨らんであっという間に咲いちゃいました。(笑)

開花してから今日で約1週間になりますが、相変わらず綺麗な姿です。

そして・・・・

Cimg97092 つるバラの「ピエールドゥロンサール」も返り咲いて小ぶりな花を見せてくれています。

やはり花弁に傷みがみられますが、あの淡いピンクの縁取りをした可愛い姿は健在です。

Cimg97072 こちらは「サンテグジュベリ」。

ベーサルシュートに蕾がついたので開花しないうちに切り戻して花瓶に挿しておきました。

小ぶりですが、この花らしいクシュクシュとした花姿ですね。

  

今日のおまけです。

Cimg97152 上を向いて咲いている「ハイビスカス」。

「夏の花」のイメージなのに、強い日差しはちょっと苦手です。

梅雨明け直後は、葉も傷んでいましたが、このところの曇りがちな天候で元気を回復しました。蕾もたくさんあがってきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フクシア・・・魅せられています

はっきりしない天候が続いていますね。

今年はどんよりとした日が多く、日差しがほとんどない日ばかりです。陰性?の梅雨なのでしょうか。

バラは相変わらず葉を落してしまっている子が多いので、ほとんどの蕾は摘蕾することにしました。ちょっと残念な気がしますが株のためですからね・・・・。

話は変わりますが、最近ちょっとハマっている植物があるんです。

Cimg95922 Cimg95962 「フクシア」または「ホクシャ」です。

「女王様のイヤリング」の別名もあるとおり、ゆらゆら揺れる花姿は何とも言えず可愛いんですよ。

  

Cimg95972 Cimg95982 花色もたくさんあるし、一重も八重も、小ぶりなものも大輪なものも・・・・。

ただ、夏の暑さが苦手なので上手な夏越しが一番のポイントなのだそう。

Cimg96012 いくつか手頃な開花株を購入したので、頑張って挑戦したいと思っています。

  

摘蕾せず特別に咲かせてしまった子もご紹介しますね。

Cimg96032 「グラミスキャッスル」です。

純白の花弁が神々しいくらいに眩しいです。

  

  

今日のおまけです。

Cimg96082 深いブルーの花色が大好きな「メドーセージ」。

宿根草で、とても良く伸びます。今私の背丈くらいの高さで咲いています。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)