佐倉草ぶえの丘バラ園

今年も最高です!

昨日は、バラ園の植栽の様子をご紹介しましたが、今日は気になった花をいくつかご紹介します。

昨年と同じように、いやそれ以上に美しく咲いていました。

風雨による花の傷みも多少はありましたが、しっかりと地に足をおろして堂々と咲き誇る姿は、優雅でありながら力強くて、エネルギーに満ちているようでした。

私もそのエネルギーを分けてもらうことができました~。

Cimg95902 Cimg95972 Cimg96092

左から「赤胆紅心」「ショートケーキ」「天の川」

Cimg96332 Cimg96422 Cimg96442

同じく「ポンポン・ドゥ・ブルゴーニュ」「グレンドラ」「セリーヌ・フォレスティエ」

Cimg96492 Cimg96552 Cimg96662

「エレガンス」「メイ・クイーン」「ソンブルーユ」

Cimg96812 Cimg96882 Cimg97142

「紫燕飛舞」「クレメンティナ・カーボニエリ」「ルドゥーテ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに美しく・・

少し前になりますが(5月12日)、急に思い立って「佐倉草ぶえの丘バラ園」に行ってきました。

このバラ園は、周囲が森に囲まれていて、その自然の背景を生かしたつくりになっています。

キャンプ場やミニSL、ミニ動物園なども併設されていて、幼児から大人まで楽しめる施設です。

特にオールドローズの品種が充実していて、自然樹形を生かした仕立て方は素晴らしいです。オールドローズ好きにはたまりません。苗の販売所もあるので、お気に入りの花が見つかったら苗を購入することもできるので嬉しいですね。

バラ園は施設の整備が進んで、昨年より一段と美しくなっていました。

モッコウバラは終わってしまっていましたが、満開時の大きなパーゴラにゆったりと枝を拡げ、枝先を風になびかせている姿は、必見です!

ところどころに置かれている木陰のベンチでのんびり花を愛でるのもおすすめ。

今日は、そんな園内の様子をご紹介します~。

蕾が多いので、バラは葉の緑が印象的ですが(これもまた美しいかも・・)、今頃はかなり咲き進んでいると思います。

Cimg96932 Cimg97072 Cimg97132

Cimg97032Cimg96992 Cimg97022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかり趣が変わって・・・・

昨日、私のお気に入りの「佐倉草ぶえの丘バラ園」で母校の演奏会があると聞いて、早速出かけてきました。

久しぶりに聴く母校の吹奏楽部の演奏。

制服に身を包み誇らしげに一生懸命演奏する生徒さん達を見ながら、自分の遠い青春時代に思いをはせました。

演奏も素晴らしかったですよ~。

 

勿論、バラ園の様子も気になったのでのぞいてきました。

このバラ園は、オールドローズが中心なので、春は本当に賑やかで華やかにバラ達の競演が繰り広げられていましたが、一転、秋は花も少なくとても静かでした。

バラ達はシュートを旺盛に伸ばし、来春へ向けてエネルギーを貯えているように見えます。

一季咲きのオールドローズの、春を迎える準備はもう始まっているのですね。

 

F1000048 F1000026 そんな中で、あちらこちらに、色鮮やかなローズヒップがたわわに実っていました。

形も色も大きさもそれぞれに特徴があって、変化に富んで美しい光景を創り出しています。

四季咲きのバラ園では見られない楽しみ方がありました。

F1000032 F1000052 秋が深まると、実はさらに熟して、小鳥たちの餌になったり、地に落ちて春に芽吹いたりと、変化して行くのですね。

 

 

F1000033 私も大切にしているモッコウバラも元気に四方に枝を伸ばしていました。

こちらのモッコウバラは、自然樹形を大切に枝垂れるように咲かせていて、春の開花は柔らかでほわっとした印象。

時折、枝咲が風にそよいで、なんとも風情があるのですよ~。

剪定が済んでいたら参考にさせていただこうと思っていましたが、我が家と同じ状態だったのでまた次の機会を楽しみに・・・。

F1000018 F1000021 バラの株元で咲いている草花達も、春とは違って、落ち着きのある穏やF1000009 かな印象でした。

 

 

F1000023_2 華やかな春も、落ち着いた秋も、それぞれに趣深くて良いものですね。

 

 

四季折々訪ねて、その移ろいを楽しんでみたいと改めて感じたひとときでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

佐倉草ぶえの丘バラ園・・・その8

今日は、「いつ大雨が降るかわからない不安定な天気」との予報が出ていました。

午前中は、バラの花がらを切ったり、黒星病で落ちた葉を除いたり・・・。

その後、コガネムシの幼虫対策にオルトランを株元に撒き、夕方は、キトサン液とニーム液を散布しました。

途中で、カミキリムシの成虫がつるバラのベーサルシュートにとまっているのを見つけて夢中で捕殺しました。

やはりあの大きさを捕殺するのは勇気がいります。ドキドキしちゃいました。(笑)

楽しいバラの季節のあとは、ちょっと苦手な季節です~。

  

という訳で、今日は露に濡れて美しいバラの姿で気分を一新したいと思います。(笑)

いずれもお馴染みの佐倉草ぶえの丘バラ園での画像です。

上段左から「ルフス」「ストロベリーアイス」「たそがれ」「ドクターヒューイ」「トワイライトシークレット」です。

Cimg56532 Cimg56562

Cimg56592Cimg56612Cimg56632

| | コメント (4) | トラックバック (1)

佐倉草ぶえの丘バラ園・・・その7

今日はジメッと湿度が高くてドンヨリとした天候でした。

しかも風が結構強かったです。

バラの葉に活力剤を散布しようと思っていたのですが、やめて、ワンコの洗髪とカットをしました。

手入れも楽になったのですが、ちょっと短くしすぎてシェルティーには見えなくなってしまいました。(苦笑)

しばらくは、毛の汚れを防ぐことも兼ねて洋服を着せておくことにしました。

ちょっと恥ずかしいので画像はお許しください・・・・。

  

では、今日も草ぶえのバラ園のバラをいくつかご紹介しますね。

上段左より「バロンヌプレウォー」「ブルボンクィーン」「オノリーヌ・ドゥ・ブラバン」

下段左より「レーヌビクトリア」「ドルンロシェン」「レオニーラメッシュ」です。

Cimg56382Cimg56412 Cimg56442_2

  

Cimg56472 Cimg56492Cimg56512

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐倉草ぶえの丘バラ園・・・その6

雨の日曜日・・・・。小雨なら、家の中で読書など静かに過ごすのも良いかもしれませんね。

ところが、今日はかなりの雨量。

植物のことも気になりますが、庭は水がたまって滑るし、狭くて傘もろくに差せないので家でじっとしているしかありません。

明日、天候が回復したら様子を見てまわらなくちゃ・・・・。

  

今日は、写真も撮らなかったのでまた「草ぶえの丘バラ園」の花達をご紹介します。

自分でも気付かないうちに夢中でかなりの量の写真を撮ったんですね。

  

Cimg56232 まず「フェリシア」です。房咲きが見事ですね。

花付きも良いです。  

  

Cimg56262 「ムスー・デュ・ジャポン」。

日本に因んだバラなのでしょうか。  

  

Cimg56282 「ファイルヒェンブラウ」。

美しい紫なんですが、花も盛りを過ぎてしまっているのがちょっと残念です。

  

Cimg56302 「チャンピオン・オブ・ザ・ワールド」。

まさに名前の通り、堂々とした印象の花です。  

  

Cimg56322 Cimg56332 「タウゼントシェーン」。

フェンス一面に咲き誇る姿は圧巻ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

佐倉草ぶえの丘バラ園・・・その5

今日は肌寒い一日でした。

こうも寒暖の差が激しいと体調管理にも気を遣いますね。

皆さんもどうかご自愛くださいますように。

佐倉草ぶえの丘バラ園の画像が残っていましたので、ご紹介させていただきますね。

Cimg56012 「マリー・ドゥ・ブロワ」

  

  

Cimg56042 「ラネイ」

  

  

Cimg56122 「クレプスキュル」

  

  

Cimg56152 「ウィリアム・ロブ」

  

  

Cimg56202 「アリスター・ステラ・グレー」

 

 

いずれも、聞き慣れない珍しい名前ですが、風情があって美しい品種です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

佐倉草ぶえの丘バラ園・・・その4

岩手県と宮城県地方で大きな地震がありました。

時間が経つにつれて被災地の状況が明らかになってくると、被害の大きさがかなりのものだと分かり、地震の恐ろしさを改めて認識するとともに、その悲惨さに胸が痛みます。

被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

  

では、今日も草ぶえの丘バラ園のバラをご紹介させていただきます。

Cimg55852 Cimg55862 「クレイターズ・クリムスン・チャイナ」です。

鮮やかな赤が印象的なバラです。

   

Cimg55912Cimg55902  「アルフレッド・ドゥ・ダルマ」。

名前がダルマなのに印象は全く反対の繊細なイメージです。

Cimg55932 Cimg55942 「ラ・プリュ・ベル・デ・ポンクチュエ」。

随分長い名前ですね。花もよく見ると絞りになっています。

Cimg55962 Cimg55972 「グルワール・ドゥ・フランス」。

花弁数が多くて、色も中心に向かってピンクが濃くなっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

佐倉草ぶえの丘バラ園・・・その3

今日も日差しは無いものの、蒸し暑く感じられる日でした。

小さな庭のバラ達も、次の花の準備をする子、シュートを伸ばそうとしている子、黒星病で葉を落としてしまって、新しく芽吹く準備をしている子・・・・、それぞれに頑張っています。

家のバラが再び咲きだすまで、バラ園の花を少しずつご紹介しますね。

では、「草ぶえの丘バラ園」のつづきです。

上段左より

「アグネス」「ソフィー・ドゥ・バヴィエール」「メイデンスブラッシュ」「クィーンオブデンマーク」「ロサ・ダマスケーナ・ビフェーラ」「ヘンリー・フーキェー」

です。

Cimg55662 Cimg55692

Cimg55742 Cimg55762 Cimg55782 Cimg55832

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐倉草ぶえの丘バラ園・・・その2

今日は「五月晴れ」でしたね。

梅雨の中休み・・・、貴重な晴れ間でした。

庭の草花も春から夏に模様替え?ですね。

いくつか新しい花苗を買って、植え替えの作業をしました。

今回は、ちょっと工夫を・・。後日写真を撮ってお伝えしますね。

それでは、昨日に続いて草ぶえのバラ園の続きをご紹介します。

左上から「赤胆紅心」「ブルードゥネジュ」「羽衣」「よろこび」「ソフィードゥバヴィエール」です。

Cimg55312 Cimg55342 Cimg55362 Cimg55402 Cimg55482

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧