バラ育て

テッポウムシ

9月になって新学期もスタートしましたね。

早朝から元気に登校する小学生の姿が見られて、見慣れた日常が戻ってきたように思います。

が・・・・・

相変わらず暑いです。(最近この言葉ばかり・・)

しかし、ふと日が短くなったことに気付き、もう秋なんだなぁと思いました。

夕方、のんびり水遣りをしていると、辺りが薄暗くなってきちゃったり・・(笑)

蝉の大合唱が秋の虫の音にバトンタッチされていたり・・・

そろそろ暑さ疲れも出てくるころですから、皆様も御自愛くださいね。

一昨日、意を決して?バラの枝の整理をしました。

つるバラ「ニュードーン」の大株が急に元気をなくし、葉がチリチリになって枝にも皺がよってしまったんです。

株元を見ると幹に大きな穴が・・・・

これはもしかして・・・・?

早速その部分を切ってみると中心部が空洞になっていて、復活は難しそうでした。

たぶん、テッポウムシの被害だと思います。

残念ですが、根ごと掘り起こして処分しました。

同じような症状の「バレリーナ」も枝を切ってみると中にいた幼虫も一緒に切断されて出てきました。(グロテスクなので画像はありませんが)

こちらは、元気な枝も残っていたのでしばらく様子を見ることに・・。

ここ何年か、カミキリムシの成虫を見つけていてその度に補殺していたのですが、産卵されていたんですね。

これからは、策を講じなければ・・・

皆さんも気をつけてくださいね。

       

今日のおまけは、

Cimg24712 Cimg25822 今年も咲いてくれた「ミニカトレア」と白い「ブーゲンビリア」です。

暑さにも負けず、元気な子達。夏の代表選手ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バラの剪定・・・その後

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、寒さも和らいできましたが、今日は午後から冷たい雨となりました。

こちらの桜の開花も秒読み段階。

あちこちの桜の枝を見ては「まだかな~」と楽しみにしている私です。

過日、バラの剪定の話をしましたが、かなり切り詰めた株のその後の姿をご覧にいれますね。

Cimg87912 Cimg87922 Cimg87932 Cimg87972

成長の差こそありますが、どの株も元気な芽が伸びてきました。

生命力の強さを感じますね。

まだ眠っている子が1株ありますが、その子は状態も良くなかったので復活は難しいかも・・。

   

早い子は、蕾が見えてきた子もあります。

Cimg87952 Cimg87982 「ルイ14世」と「粉粧楼」です。

    

    

Cimg88012 ムスカリも満開ですが、今年は八重咲き?の品種も植えてみました。

花のひとつひとつに特徴があって豪華な印象です。左右の花を見比べてみてくださいね。

  

今日のおまけです。

Cimg87882 ムスカリとビオラとイベリスの寄せ植えです。

この色合いの組み合わせが好きなのですが、なかなか思ったように咲いてくれません。

ムスカリの葉が伸びすぎていますし、イベリスが寒さで傷んでしまって・・・。

もう少し暖かくなったら、イベリスもたくさん開いてくれるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も見つけました!

久し振りに晴れた月曜日。

葉を落して枝だけになったモッコウバラを見て、「少し枝の整理をしようかな。今なら枝もよく見えて切りやすいし・・・」

この時期、モッコウバラの枝数を減らすことは花数も減ることになるのですが、昨年2回ほどかなり剪定したにもかかわらず伸び放題なので・・・。

ところが

一枝切り落としたところで早々と挫折してしまいました。

かなり大きくなった花芽がついていたからなんです。

Cimg86792 他の枝をよ~く見てみたら、確かに新しい葉の展開と花芽を確認できました。

切り落としてしまった枝は一番成長が早い枝だったかも・・・・。

モッコウちゃんゴメンネ。(私が呼んでいる名・・そのままですが・・笑)

今年も無事に育ってくれているんですね。

ありがとう・・素直にそんな言葉がでてきました。

Cimg86842 Cimg86862 クレマチスの新芽もたくさん見え始めました。

昨日は雪も降って、季節は足踏み状態ですが、植物たちは着実に春の準備をしているんですね。

  

Cimg86892 Cimg86882_2

  

今日のおまけです。

Cimg86782 この水栽培、置き場所はナント!トイレです。

日差しがないので可哀そうなんですが、頑張って咲いてくれました。

水仙、ヒヤシンス、ムスカリ。どの子も頑張ってくれています。

お天気が回復したら、ご褒美と感謝を込めて、日光浴をさせてあげたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラの剪定

先日「バラの剪定をしました」とお話しましたが、今回思い切って切り詰めた株がいくつかあります。

枝が一本になってしまった株や、樹高が高くなり過ぎた株です。

つまり、育て方が下手で樹形が乱れてしまった株なのですが・・(笑)。

こんなに切り詰めるには、とても勇気がいります。まったく芽吹かなかったらどうしよう・・・。

もともと、黒点病などで葉を落してしまい、樹勢が弱った株やシュートの管理に失敗してシュートのみが大きく育ってしまった株なので、残った枝を切ってしまって大丈夫なものか、とてもとてもとても(笑)悩みました。

でも、そのままでも良い結果は望めないので決心しました~。

「イントゥリーグ」「アロマテラピー」「アブラハムダービー」です。

Cimg86702 Cimg86712 Cimg86722_2

中でも「アブラハム」は、枝の丈夫でよく分枝して3番花以上咲いてくれた株なので、その枝の大半を失うのは、株にとっても過酷だろうな・・と思いました。

Cimg86732 この芽にすべてを賭けようかと・・・。

この株はシュートをピンチしなかったのでどんどん育ってしまい、気付いた時には他の枝には花付きも悪い上小さな花しか咲かなくなってしまいました。

しかも樹高が高くなって、今年の開花予想位置がかなり上の方になってしまったんです。

次からは「シュートの管理もしっかりしなくちゃ」ととても勉強になりました。

どうかどの子も無事に芽吹いてくれますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラの植え替え

今日は七夕。

今頃は、織姫と彦星も天の川を渡っての逢瀬を楽しんでいるのでしょうか。

地上は、昨日ほどのむし暑さはなかったものの、雷雨など不安定な天候でした。

夕方には、日差しも見られましたが、明日も不安定な天候がつづくとのこと。

梅雨の末期にはよくあることですが、晴れても暑いし、雨でも暑いし・・・・・。

  

ところで、バラは、夏の生育期の植え替えは根を傷めるので厳禁とされていますが、(鉢増しはOK)やってしまいました。

深めのプランターに、「マダムピエールオジェ」と「バロンジロードゥラン」を植えていたのですが、「バロン・・」の方はベーサルシュートもたくさん伸びて元気なのですが、「マダム・・・」の方は、新枝もあまり伸びず花もほんの少しで元気がないのです。

しばらく、じっと見守っていたのですが、このまま冬まで植え替えをせずにおくと「マダム・・」が枯れてしまうのではないか・・という思いにかられて、とうとう一昨日実行してしまいました。勿論、なるべく根鉢を崩さないようにそっと鉢に移しただけですが。

これで単独での場所の移動など管理がしやすくなりました。(私にしたら大きな賭けです)

万が一、植え替えが原因で枯れてしまうようなことがあっても悔いはありません。

どうか無事に元気になって、来年可愛い花を見せてくれますように・・・。

元気になったら画像をUPさせていただきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫にも好みが・・・

最近「ホソオビアシブトクチバ」の食害が酷いと書きましたが、昨夜も懐中電灯を片手にテデトールをしていました。

するとあることに気付きました・・・・。

虫にも好きなバラとそうじゃないバラがあるみたい・・・。

なぜなら、隣同士に植えている「アブラハムダービー」と「ロードリーオベロン」。

同じイングリッシュローズで、香りも両者とも濃厚だし、花色もピンク系です。

なのに、「アブラハム」は蕾のかなりの割合を食害されているのに、「ロードリー」の蕾はほとんど食害されていないのです。

「ホソオビ・・・」が「アブラハム」の蕾の中に頭を突っ込んで夢中で食事をしているのをみると「そんなに美味しいの~?」と聞いてみたくなります。

まっ、そんな余裕も無くピンセットで挟んでいますが・・・(成長速度がとても早くて、かなり大きくなったものは、流石に素手で触る勇気がありません)苦笑。

 

次の写真を見て、どのバラを虫が好むか判断してみてくださいね。(笑)

左から「ロードリーオベロン」「オウギュストルノアール」「トゥールーズロートレック」「レディヒリンドン」です。

Cimg61322 Cimg61392

Cimg61412 Cimg61332

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2番花が続々と・・

今日も梅雨の晴れ間で、日差しが強かったですね。

早朝から、久しぶりに丁寧にバラの手入れをしました。

ちょっと元気がない子の場所を移動したり、鉢の表面の落ち葉や雑草を取り除いたり・・・。

その後、水遣りと施肥をしました。

よ~く葉をみてみたら、まだ小さい「ホソオビアシブトクチバ」がたくさん見つかりました。

勿論、速攻「テデトール」しましたよ~。

  

二番花が続々と咲き出したので、ご近所の方がまた声をかけてくださいました。

写真は、下左から「LDブレスウエイト」、「マサコ」「アブラハムダービー」です。

Cimg61062 Cimg61112 Cimg61122

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホソオビアシブトクチバ

このところ、黒星病の被害は小康状態なのですが、害虫による食害が酷いです。

頻繁に見回りをしているつもりでも、葉や蕾に虫食いのあとが多く見られるのです。

アブラムシなどは可愛いほうで、かなり大きくなった毛虫を捕殺することもあります。

相変わらず、バラゾウムシは早朝や夕方に姿を現すので、毎日のように捕殺しています。結構コツもつかめてきて上手くなりましたよ。

庭先で、人と話をしていながら2メートル先の枝にいるバラゾウムシを見つけることもあるくらいです。(笑)

  

そして、最近増えてきたのが「ホソオビアシブトクチバ」。

この虫は、全くの夜行性で、日中はほとんど姿をみせません。

また、変装もとても上手なので、枝と間違えてしまうことも度々・・・。

とうとう、今夜は思い切って夜襲をしかけました。

懐中電灯を照らしながら一鉢ずつ丁寧に見てまわると・・

いました、いました。

蕾を美味しそうに食べているこの虫が。

早速ピンセットで掴むのですが、ちょっと触っただけでもポタッと落ちてしまうので、慎重に狙いを定めて手を伸ばします。

一度枝から落としてしまうと、なかなか見つけにくいので、もう必死なんですよ~。

30分ほどの間に大小合わせて5匹ほど捕殺できました。

(気持のよいものではないので写真は省略しますね)

でも敵の数はまだまだ・・・。

これからの格闘は続きます・・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

うどんこ病

今年は4月に入ってからの多雨や低気温のためか、元気の良い子と悪い子に大分差がでているように思います。

Cimg37912Cimg37932  特に元気なのは、先日お話した「アブラハムダービー」(日照条件も良い)や、この「アンジェラ」でしょうか。

Cimg37942アンジェラは昨年伸びた太いシュートに沢山蕾をつけています。

株自身に勢いがついたのか、プランターで栽培しているにも関わらず、今までに無いほどの蕾の数です。

Cimg37872 反対に元気がないのがまだ開花したことがない若い「モッコウバラ」や一部のハイブリットティー、そして鉢植えの「ピエールドゥロンサール」です。

若いモッコウバラはかなりの葉にうどんこ病がでてしまいました。

Cimg37882丈夫なモッコウバラでは初めての経験です。

昨日重曹の希釈液を散布して様子を みているところです。

鉢植えのピエールは、新芽が伸びたのですが、その後の展開がなくて、蕾はまったく付きそうにありません。

しかし、昨年夏に新苗の残りを購入して地植えにした株には、小さな蕾が見え始めました。

また、つるのブルームーンもブラインドが多くて蕾の数が少なさそうです。(大きな鉢で栽培しています)

う~ん、何が原因なのかはっきりしませんが、来年のために記録を残すつもりでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

開花に向かってスクスクと・・・・。

最近植物の成長が著しいと言いましたが、今日はバラ達の今の様子をご紹介しますね。

画像は昨日のものですが、かなり芽が伸びているものを集めてみました。

ほとんどの品種で芽が動き始めているのに、一つだけじっとしている株が・・・・。

それは「シャポー・ドゥ・ナポレオン」なのです・・・大好きなのに。

枝は萎れていませんがちょっと心配かも・・・。

枝の伸び方もマイペースな子なので、生育もそうなのかなぁ・・・。

それでは、元気な子達を・・・・。

Cimg33502 左が「アブラハムダービー」右が「ロードリーオベロン」です。

どちらのボリュームのある花で、香りも素晴らしいです。

色もピンク系ですね。

Cimg33532 後列左から「ミミエデン」「パットオースチン」「マサコ」。それぞれ全く違う雰囲気です。(笑)

前列左から「ルイ14世」「粉鐘楼」です。こちらはコンパクト樹形ですね。繰り返しとてもよく咲きます。

Cimg33422 Cimg33432 こちらは、「マダムフィガロ」。

淡いピンクのカップ咲きで優しい雰囲気。

香りも良いですよ。

お隣さんの「サンテグジュベリ」と比べると大分早いようです。                                  

                                  

Cimg33542 最後は、「グレイパール」。

一昨日ご紹介した品種です。

新芽を沢山出して元気ですね。

ところで、この春になって「ホソオビアシブトクチバ」の幼虫を3匹見つけました。

それもかなり大きくなっていて・・・。どの葉を食べたのかしら?

これから毎日害虫との闘いになりそうです。しっかり見回らないと・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧