小さな庭

お彼岸

大変ご無沙汰してしまいました。

季節は夏を過ぎて秋へと移ってきています。

今年は特に残暑が厳しくて、小さな庭の模様替えもなかなか進みません。

グリーンカーテンを目指して植えた西洋朝顔が予想以上に成長して2階のベランダはジャングル状態。

Cimg74812

流石に、遮光効果は大きいようですが・・・

そろそろ影になっている植物達にも日光浴が必要になってきました。(苦笑)

 

園芸店では、遅れていた秋の植物も並び始めましたね。

皆さんは、どんなガーデニング計画をたてていらっしゃいますか。

今日は最近の小さな庭の様子をご紹介しますね。

Cimg74732


変化朝顔です。佐倉の歴史民族博物館のくらしの植物園で購入しました。

こちらの展示を毎年楽しみに見に行っています。

Cimg74762 Cimg74782


クレマチスも「三番花」や「二番花」が咲いています。

剪定して「四番花」や「「三番花」に挑戦するかは、考え中。

Cimg74832_2 Cimg74852

我が家での収穫物。ゴーヤは想像以上に採れました~。右のピーマンは苦味が少なくて食べ易いです。

可愛い蘭も開花中です。

Cimg74862






| | コメント (0) | トラックバック (0)

あわちどり、夢ちどり

皆さんは、「あわちどり」や「夢ちどり」をご存知でしょうか。

とても小さな花で可愛らしいのですが、丈夫で育てやすい植物です。

以前からホームセンターに並んでいるのを見て気になっていたのですが、昨年、車で1時間程の場所に専門のショップが期間限定で開くと知って、開花株の中から気に入った子を購入してきました。

花後、しばらくは葉と茎は残っていましたが、やがて地上部は枯れて何もない状態に。

今年の生育が心配でしたが、どの子の無事に芽を出し、花芽をつけてくれました。

Cimg71172 Cimg71212 Cimg71222

Cimg71242

無事に冬越ししたハイビスカスの中から咲きだした子もいます。

Cimg71422

毎年、開花株がホームセンターに並ぶとついつい購入したくなりますが、大切に育てている子が蕾をつけるのを楽しみにしながらなるべく増やさないようにしています。(笑)

冬には葉を落として休眠してしまうので、暖かくなり、少しずつ小さな芽を出す姿がとても愛しいのです。

ハイビスカスが咲くと夏も近いなぁと感じるんですよ。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫陽花いろいろ

先日の台風4号、風雨ともに強くて、あちこちで被害がありました。

我が家医の小さな庭もアーチが壊れたり、鉢が倒れて割れたりとかなりの植物が傷んでしまいました。

そして今日の午前中もまた大雨。

水害のニュースも聞こえてきて、心配ですね。

現在こちらは天気も回復し静かになりました。

小さな庭の植物達の中で、ツルバラのアイスバークやアンジェラ、モッコウバラは、アーチなどが破損してしまったのでかなり強剪定しました。

折角大きく育てたのですが、これからの管理を考えると、暴風雨の度に心配なので思い切りました。

切り口から枯れこまないといいのですが・・・

今、綺麗に咲いているのは紫陽花。

地植えを少しと鉢植えを何種類か育てています。

鉢植えの花付きは良くない年が多いのですが、今年は比較的良いと思います。

それではご覧ください。

Cimg71282 Cimg71292 Cimg71302

Cimg71312 Cimg71322 Cimg71332

Cimg71342 Cimg71352 Cimg71362

Cimg71372 Cimg71482 Cimg71502

Cimg71522 Cimg63662 Cimg63692 

Cimg63702_3


ホスタも花を付け始めました。

Cimg71542 Cimg71552

今日のおまけです。

八重咲きの日々草を見つけました。

八重咲きといってもすっきりとした花姿ですね。

Cimg71602_2














































| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラベンダーあれこれ

ハーブというと私的には「ラベンダー」がすぐ頭に浮かびます。

他にも「カモミール」「ローズマリー」などが好きで育てています。

こちらに引っ越してきてすぐに植えたのが、ラベンダーでした。

とても丈夫で、株はどんどん大きくなるし、休みなく花をつけてくれるので、他の品種も欲しくなり何種類か購入しました。

品種によっては暑さが苦手な子、寒さが苦手な子とありますが、花姿で選んで楽しんでいます。

今咲き始めた子をご紹介しますね。

Cimg58432 Cimg58452 Cimg58492

左から「花うさぎ」「アボンビュー」「キューレッド」

本来の花姿とは大分違っているようですが、爽やかな香りと「うさ耳」?のような形が気にいっています。

そういえば、ビオラも「うさ耳」タイプがお気に入りでしたね。(笑)

 

「ギリアレブタンサブルー」

Cimg58302

ブルーの花色がなんともいえません。

そしてこちらも・・・

「セオノサス」。

Cimg58252

毎年爽やかな風を運んでくれています。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

今が一番!

バラ好きな私は、バラに似合う植物も大好きです。

小さな庭には地植え出来るスペースが限られるので、ほとんどは鉢で育てています。

中でも、毎年健気に芽を出してくれる宿根草の数々はとても愛しくて、小さな芽を見つける度に「よく出てきてくれたね~」と声を掛けたくなってしまいます。

今の季節、一番美しい姿を見せてくれているのはギボウシ(ホスタ)ではないでしょうか。

私もお気に入りの植物で、地植え、鉢植えと何種類も育てています。

殆どが、小さな苗から育てている子ですが、毎年少しずつ株が大きくなっていくのも楽しみのひとつです。

我が家のギボウシのいろいろをご覧くださいね。

Cimg58602 Cimg58622 Cimg58632

Cimg58642_2 Cimg58652 Cimg57462

そして「ヒューケラ」。

こちらも色々な葉色があって寄植えにして楽しんだりしています。

Cimg57572 Cimg57592 Cimg57602


八重咲きの「オステオスペルマム」。

今年の新品種とのことで色違いを何株か購入しましたが、八重になりにくい色もあるようです。(あくまでも私の感想ですが・・)

蒸れに弱いので今が一番綺麗な姿かもしれません。

Cimg57552_2 Cimg57562

オダマキも咲いています。

Cimg58272 Cimg58552 Cimg58562


宿根草つながりで・・・

エビネ蘭もご紹介しますね。

Cimg57172

今日のおまけです。

パッと見るとオステオスペルマムにも似ている?

マーガレット「ノービア」です。

Cimg58522_3

マーガレットというと「白」のイメージでしたが、こんな色もあるんですね~。




























| | コメント (0) | トラックバック (0)

花・・・その後

今朝は雨がポツポツと降っていて肌寒いです。

外に出した蘭達も寒そう・・・・

先日、最低気温が6度の日もあったので成長の遅れが心配です。

さて、開花のお知らせをした植物達のその後の様子を少しご紹介しますね。

まずクレマチスの「HFヤング」

Cimg58372

とても華やかな印象になりました~。

続いて「ジョセフィーヌ」

Cimg58322_2 Cimg58752

こちらも咲き進んでボリューム感が出てきました。

「ブラックティー」

Cimg58392

そして「モッコウバラ」

Cimg60082 Cimg60092


以前は黄モッコウバラで覆われていた場所ですが、今は白色のモッコウバラになりました。

白の方が樹勢が強いのでしだいに枝数が逆転してしまいました。

黄モッコウバラも枯れてしまったわけではありませんのでご安心を~

蕾でご紹介した「ダッチェスオブエジンバラ」もこんなに素敵な姿に変わりました。

Cimg59982 Cimg58742

昨年購入してから無事に夏冬を越して開花した「デルフィニューム」。

大きくて迫力ある花姿に優しい色合いが気にいっています。

Cimg60032_2

「ジギタリス」も咲き始めました。キツネの手袋という別の名も納得ですね。

Cimg60052

側にマダムピエールオジェがそっと寄り添います。

Cimg60042 Cimg60072

バラ達もゆっくりと咲き始めています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと珍しい?

Cimg55702


植物を育てていると、より多くの情報を得たくてパソコンでいろいろ調べます。

すると次々と興味が湧いてきて、珍しい植物や自分の好みにあった植物が欲しくなってしまうのです。

結果、小さな庭に所狭しと植物が増えていきます。

今日は、その中からちょっと珍しい?植物をご紹介しますね。

まずはアネモネの仲間から

「パブニナ」です。

Cimg56482 Cimg56492 Cimg56502 Cimg56512_3

とても丈夫で育てやすいということで、昨年開花株を買ったのですが、植え替えや施肥を殆どしなくても今年は花数が増えていました。

3株育てていますが、別の花色も育ててみたいと思います。

「コロナリアフロラルプレノ」。

Cimg56032 Cimg56602

万重咲きで鮮やかな赤色のアネモネです。

趣味の園芸HPの金子先生のブログを拝見して一目惚れしてしまいました。

購入してから1か月、次々と咲き続けています。

次は原種シクラメン。

Cimg55702_2 Cimg54962 Cimg51692 

Cimg52052 Cimg52682 Cimg52742

上段左から

「スーダベリカム」「レパンダム」「コウム」

下段左から

「コウムゴランハイツ(純白で小ぶり)」「アルピナム(咲き進むと花色がピンクから紫がかった色に)」「リバノチカム(花が開ききっていませんが)」

開花時期が少しずつずれていますが、いずれも可憐で好きな花です。

今日のおまけです。

この蕾はどんな花のものでしょう?

Cimg56902

正解は次回、開花した様子をご覧にいれますね。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

山野草

昨日ご紹介した二輪草も可憐で素敵でしたね。

バラやクレマチス、クリスマスローズと洋風?な花が好きな私ですが、実は清楚で可憐な山野草も好きで、育てやすい品種をいくつか育てています。

この季節、あれこれと開花して目を楽しませてくれています。

まずは「イカリソウ」。

Cimg57212_2 Cimg53752 Cimg57512

「カタクリ」

Cimg56862 Cimg56872


「シラユキゲシ」

Cimg56452_2

さくら草

Cimg56282 Cimg57042

左から

「七賢人」「紫宸殿」


今日のおまけです。

このフワフワの綿毛は何でしょう?

Cimg56412

答えは・・・・・

冬咲きクレマチス「アンスンエンシス」の種子です。

今年は花数が少なかったですが、現在元気に枝を伸ばしているところです。

来年の開花に期待がもてそうです。

花の少ない冬に白い花をたくさん咲かせてくれる花好きには嬉しいクレマチス。

花後の綿毛状の種子も楽しめますね~。

因みにこちらはポツリポツリ咲いていよいよ最後かな?と思われる冬咲きクレマチス「ジングルベル」。

花弁も薄くて透けているような感じがまた魅力的です。

Cimg56832

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成長中~

いよいよGWに突入しました~。

初日は気持ち良い好天で行楽日和でしたね。

皆さんはどちらかへお出かけになりましたか?

私は、佐倉にある城址公園で二輪草を見てきました。

姥がケ池の近くに群生していると聞いていましたが、見事に愛らしい白い花を咲かせていました。

Dvc00182_2 Dvc00183

小さな庭のクレマチスの蕾も大分膨らんできました~

Cimg57082_2 Cimg57092 Cimg57112 Cimg57202

左から
「ダッチェス・オブ・エディンバラ」「ブラックティ」「夕霧」「ジョセフィーヌ」。

開花したらまたご覧にいれますね。

今日のおまけです。

この花は何の花でしょう。

Cimg56572_2

正解は・・

「葉牡丹」です。

冬の間の様子からは一変して華やかな印象に~。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな訪問者?

先日とっても驚いたことがあります・・・・・

それは、小さな庭の小さな睡蓮鉢の中でした。

そろそろ水を取り替えて、睡蓮の様子を見てみようかな・・・・・と玄関脇にある小さな鉢を覗きこむと・・・・

こんな大きな?小さな?訪問者が

Cimg55682

以前、草取りをしていて背後になにやら近寄ってくる気配を感じて振り返ると、大きなウシガエルが・・・

驚きと怖さで声も出ず、逃げることもできませんでした。(笑)

そんな私にカエルは見向きもせず、ゆっくり草むらに姿を消して行きました。

それ以来の遭遇なのですが、子供の頃は平気だったはずなのに大人になると変わるものですね~。

今日は水仙とムスカリをご紹介します。

どちらも沢山の品種がありますが、毎年花を咲かせてくれる強い見方です。

華やかさと凛とした品格を持つ水仙も、鈴なりの可愛い花をつけるムスカリも大好きな花です。

Cimg52912 Cimg55882 Cimg55872 Cimg55892 Cimg55902 Cimg56372 Cimg56522 Cimg55762 Cimg55752_2 Cimg55782

今日のおまけは、我が家の桜旭山桜の盆栽です。

今年は花付きも良くて嬉しかったです。

Cimg56102_2 Cimg56112

































| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧