« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

バラには雨も似合います

昨日は金環日食の話題でもちきりでしたね。

皆さんもご覧になりましたか。

私は生憎の曇空の中、ほんの一瞬でしたが、ダイヤモンドリングを観ることができました。

強い光は雲に遮られていたのでグラスを使えずに裸眼で観ましたが、神秘的で神々しささえ感じる景色でした。

そんな昨日から一変して、今日は肌寒い雨模様です。

バラやクレマチスが美しい時期なのに・・・・と思いながら庭に出てみると思いもかけず美しい姿と出会えたので写真に収めました。

Cimg62762 Cimg62792 Cimg62782

Cimg62802 Cimg62822 Cimg62842

Cimg62852 Cimg62882 Cimg62892

Cimg62912 Cimg62932 Cimg62972

Cimg62982 Cimg63052 Cimg63062

太陽の下で元気に咲くバラも素敵ですが、雫を溜めて瑞々しく咲くバラも風情がありますよね。

寒暖の差が激しいです。皆さんもご自愛くださいね。











































| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラベンダーあれこれ

ハーブというと私的には「ラベンダー」がすぐ頭に浮かびます。

他にも「カモミール」「ローズマリー」などが好きで育てています。

こちらに引っ越してきてすぐに植えたのが、ラベンダーでした。

とても丈夫で、株はどんどん大きくなるし、休みなく花をつけてくれるので、他の品種も欲しくなり何種類か購入しました。

品種によっては暑さが苦手な子、寒さが苦手な子とありますが、花姿で選んで楽しんでいます。

今咲き始めた子をご紹介しますね。

Cimg58432 Cimg58452 Cimg58492

左から「花うさぎ」「アボンビュー」「キューレッド」

本来の花姿とは大分違っているようですが、爽やかな香りと「うさ耳」?のような形が気にいっています。

そういえば、ビオラも「うさ耳」タイプがお気に入りでしたね。(笑)

 

「ギリアレブタンサブルー」

Cimg58302

ブルーの花色がなんともいえません。

そしてこちらも・・・

「セオノサス」。

Cimg58252

毎年爽やかな風を運んでくれています。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

今が一番!

バラ好きな私は、バラに似合う植物も大好きです。

小さな庭には地植え出来るスペースが限られるので、ほとんどは鉢で育てています。

中でも、毎年健気に芽を出してくれる宿根草の数々はとても愛しくて、小さな芽を見つける度に「よく出てきてくれたね~」と声を掛けたくなってしまいます。

今の季節、一番美しい姿を見せてくれているのはギボウシ(ホスタ)ではないでしょうか。

私もお気に入りの植物で、地植え、鉢植えと何種類も育てています。

殆どが、小さな苗から育てている子ですが、毎年少しずつ株が大きくなっていくのも楽しみのひとつです。

我が家のギボウシのいろいろをご覧くださいね。

Cimg58602 Cimg58622 Cimg58632

Cimg58642_2 Cimg58652 Cimg57462

そして「ヒューケラ」。

こちらも色々な葉色があって寄植えにして楽しんだりしています。

Cimg57572 Cimg57592 Cimg57602


八重咲きの「オステオスペルマム」。

今年の新品種とのことで色違いを何株か購入しましたが、八重になりにくい色もあるようです。(あくまでも私の感想ですが・・)

蒸れに弱いので今が一番綺麗な姿かもしれません。

Cimg57552_2 Cimg57562

オダマキも咲いています。

Cimg58272 Cimg58552 Cimg58562


宿根草つながりで・・・

エビネ蘭もご紹介しますね。

Cimg57172

今日のおまけです。

パッと見るとオステオスペルマムにも似ている?

マーガレット「ノービア」です。

Cimg58522_3

マーガレットというと「白」のイメージでしたが、こんな色もあるんですね~。




























| | コメント (0) | トラックバック (0)

花・・・その後

今朝は雨がポツポツと降っていて肌寒いです。

外に出した蘭達も寒そう・・・・

先日、最低気温が6度の日もあったので成長の遅れが心配です。

さて、開花のお知らせをした植物達のその後の様子を少しご紹介しますね。

まずクレマチスの「HFヤング」

Cimg58372

とても華やかな印象になりました~。

続いて「ジョセフィーヌ」

Cimg58322_2 Cimg58752

こちらも咲き進んでボリューム感が出てきました。

「ブラックティー」

Cimg58392

そして「モッコウバラ」

Cimg60082 Cimg60092


以前は黄モッコウバラで覆われていた場所ですが、今は白色のモッコウバラになりました。

白の方が樹勢が強いのでしだいに枝数が逆転してしまいました。

黄モッコウバラも枯れてしまったわけではありませんのでご安心を~

蕾でご紹介した「ダッチェスオブエジンバラ」もこんなに素敵な姿に変わりました。

Cimg59982 Cimg58742

昨年購入してから無事に夏冬を越して開花した「デルフィニューム」。

大きくて迫力ある花姿に優しい色合いが気にいっています。

Cimg60032_2

「ジギタリス」も咲き始めました。キツネの手袋という別の名も納得ですね。

Cimg60052

側にマダムピエールオジェがそっと寄り添います。

Cimg60042 Cimg60072

バラ達もゆっくりと咲き始めています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

壷型クレマチスその2

バラの蕾も大分膨らんできて、クレマチスに追いつきそうな勢いです。

上手くするとバラとクレマチスの共演も夢でないかもしれません。

先日ご紹介した壷型クレマチスですが、他の品種も咲き始めましたのでUPしますね。

姿が似ていてどちらが??と思うような品種もありますが、よく観察してみると花の大きさや草丈の高さなど少しずつ個性があるようです。

画像での違いも判別は難しいですが・・・

いずれにしても、どの子も愛らしくそして美しく品があります。

「コアクチリス」

Cimg57762

柔らかな産毛?に包まれた花です。草丈は低くて木立性。葉の裏側にも毛があります。

その姿はなんとも言えず愛らしいです。

以前から気になっていた品種をやっと手にすることができました。

「夕霧」

Cimg57842

柔らかなコントラスト花色がしっとりと美しいです。

「若紫」

Cimg57792_2

夕霧に比べるとふっくらしていて愛らしい印象です。

「白磁」

Cimg57812_2


名前のように白にやや色が入ったすっきりと清楚な印象です。

さて、皆さんはどの子がお好きでしょうか。

今日のおまけです。

昨年美しい花を見せてくれた「ナタマメ」。

種がとれたので蒔いてみました。

Cimg57782

いくつか発芽してくれたので、今年はこの子達で緑のカーテンに挑戦します~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレマチスが急に・・・

GWも後半に入って早々、各地で豪雨に見舞われましたが、皆さんの所では被害はありませんでしたか。

今日もスッキリしないお天気でしたが、小さな庭の植物達の中には、沢山水の恵みを得て開花を始めたものがあります。

クレマチスでは・・・・

「ジョセフィーヌ」

Cimg58082 Cimg58092

咲き進むと万重咲きとなってとても華やかな印象になります。

今年は花数も多いのでとても楽しみです。

「HFヤング」

Cimg58072_2 Cimg5806

咲き終わった開花株を購入して3年になります。とても育てやすくて花付きも良いので有り難い品種です。爽やかな花色も気に入っています。

「ブラックティー」

Cimg5804 Cimg58032

咲き始めは画像左の左上のような濃い紫色をしていますが、少し時間が経つと画像右のような花色に変わります。

今年サンシャインのイベントで金子先生に勧められて購入した品種です。

蕾が沢山ついていたのでしばらく楽しめそうで嬉しいです。

そして・・・

我が家のシンボル「モッコウバラ」がいよいよ開花しました~。

Cimg57982


毎年、モッコウバラは沢山蕾をつけますが、開花直前の強風や雨によってかなりの数が落ちてしまいます。

が・・・

それでも開花すると、枝全体を覆い尽くす程の花の数に・・・

自然に落蕾することで調整しているのでしょうか。

順次、開花の様子をご紹介させていただきたいと思います。

今日のおまけです。

先日の蕾はクレマチス「モンタナルーベンス」でした。

ピンクの一重の花姿はとても愛らしく清々しい雰囲気です。

Cimg57202_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壷型クレマチス

先日、TV趣味の園芸で金子先生が壷型クレマチスの紹介をしていらっしゃいました。

実は、私も壷型クレマチスが大好きで、少しずつ増やしています。

「籠口」という紫色の品種を見て、その美しい色、形に魅せられたのが最初です。

その後、偶然、竹間園芸の源氏物語の登場人物の名が付されたクレマチスを見て衝撃を受けてしまいました。

その時は価格が想像以上に高価だったので購入を諦めましたが、その翌年以降、苗で販売されているのを見つけて、少しずつ増やしてきました。

開花した品種を順次ご紹介していきますね。

Cimg56622 Cimg56702 Cimg56952 Cimg56982


左から

「Dr.Mary」「ソシアリス」「空蝉」「紫上」。

今日のおまけです。

Cimg56462_2

沢山の蕾~。ブルーベリーです。

この花も壷型なんですよね!








| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと珍しい?

Cimg55702


植物を育てていると、より多くの情報を得たくてパソコンでいろいろ調べます。

すると次々と興味が湧いてきて、珍しい植物や自分の好みにあった植物が欲しくなってしまうのです。

結果、小さな庭に所狭しと植物が増えていきます。

今日は、その中からちょっと珍しい?植物をご紹介しますね。

まずはアネモネの仲間から

「パブニナ」です。

Cimg56482 Cimg56492 Cimg56502 Cimg56512_3

とても丈夫で育てやすいということで、昨年開花株を買ったのですが、植え替えや施肥を殆どしなくても今年は花数が増えていました。

3株育てていますが、別の花色も育ててみたいと思います。

「コロナリアフロラルプレノ」。

Cimg56032 Cimg56602

万重咲きで鮮やかな赤色のアネモネです。

趣味の園芸HPの金子先生のブログを拝見して一目惚れしてしまいました。

購入してから1か月、次々と咲き続けています。

次は原種シクラメン。

Cimg55702_2 Cimg54962 Cimg51692 

Cimg52052 Cimg52682 Cimg52742

上段左から

「スーダベリカム」「レパンダム」「コウム」

下段左から

「コウムゴランハイツ(純白で小ぶり)」「アルピナム(咲き進むと花色がピンクから紫がかった色に)」「リバノチカム(花が開ききっていませんが)」

開花時期が少しずつずれていますが、いずれも可憐で好きな花です。

今日のおまけです。

この蕾はどんな花のものでしょう?

Cimg56902

正解は次回、開花した様子をご覧にいれますね。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »