« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

夏の小さな庭・・・その3

またまた続きです。

以前から気になっていた小さな蘭、「安房ちどり」「夢ちどり」。

今年何鉢かお迎えしました。

生産者の方が年に一度開く展示即売会に出かけて、その可愛らしさに魅せられてしまいました。(苦笑)

Cimg43772 Cimg43782 Cimg43802

3鉢まとめても、手のひらに乗るほどのミニサイズなのにしっかりとした主張を持っていますよね。

続いて紫陽花です。

八重咲きの「アナベル」。花はとても繊細で可愛いけれど、丸い形に咲いてくれないのがちょっと残念かも。花付きも良くて大好きな品種です。

Cimg43852

白の「アガパンサス」。小ぶりなのでたくさん植えて楽しむのも素敵です。他の花との相性もバッチリですね。

Cimg43732_2

「ヘメロカリス」。

濃赤の花が目立ちます。花もちはあまり良くないですが、次々と咲いてくれます。

Cimg43842

「時計草」。白い花の一般的な品種の株を育てていましたが、丈夫で育てやすいので色違いの品種が欲しくなりお迎えしました。

寒さにも強いようなので地植えで育てるつもりです。

Cimg44012 Cimg44032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の小さな庭・・・その2

昨日の続きで、夏の小さな庭の花をご紹介します。

私の大好きなOL「香粉蓮」。

細い枝から枝垂れ気味に咲く姿はとても綺麗です。

Cimg43582

イングリッシュラベンダー。

暑さの為下葉が黒くなってしまいますが、爽やかな香りを運んできてくれます。

大好きな植物なので他にもいくつかの品種を育てています。

Cimg43622

定番の「ハイビスカス」も咲き始めました。

冬越しも大分慣れたので今年も色々な花が楽しめそうです。

Cimg43632

こちらも定番、「日々草」。

今年もたくさんの品種が出回っていて選ぶのも大変。(笑)

暑さに強いのが嬉しいですね。

Cimg43642

「百合」。初めて八重も育てて見ました。

おしべがないので洋服などを汚す心配はありませんが、私的には普通の百合の方が好きです。

Cimg43882 Cimg43892 Cimg43702

原種シクラメンの「プルプラセンス」。

シクラメンでは珍しい夏咲きです。暑さや直射日光に弱くて以前枯らしてしまったことがあります。香りのある株が多いようですが、残念ながらこの子にはありません。

室内で大切に育てています。

Cimg43662 Cimg43672

最後は、冬越しに成功してやっと咲いてくれた「フクシア」です。

暑さのせいで花も大分傷んでいますが、頑張ってくれて愛しいですね。

Cimg44142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の小さな庭・・・その1

こんにちは。ひと月もご無沙汰してしまいました。

今年は、早い梅雨明け後毎日猛暑が続いています。

節電のため、日中は扇風機で過ごしていましたが、台風の影響で今日は久しぶりに涼しいです。

毎日に水遣りでは補いきれない恵みの雨をもらって植物達は生き返ったように瑞々しくなりました。

梅雨の間もあまり雨が降らず、風の強い日が多かったので植物達は例年以上にダメージを受けてしまいました。

美しい状態ではないもの頑張って咲いてくれた子達の様子を少しずつご紹介していきたいと思います。

撮り溜めた画像なので少し時間を遡りますがご了承ください。

まずは、お気に入りの壷型クレマチス「這沢」。

挿し木で増やすのが困難なヴィオルナ系の中でも大人気の品種です。

コロンとした可愛い蕾がピンクに色付いていく姿はとても愛らしくて人気の秘密がわかります。

Cimg43982 Cimg43992

次は「夕霧」。

外側が白くて中が紫がかっていてそのコントラストが美しいです。

花弁も薄くて華奢な感じです。

Cimg44172_2

「クリスパ」の2番花。

まだ咲き始めなので花の淵がクルクルになっていません。

Cimg43942

「マダムジュリアコレボン」の2番花です。春と比べると花も小ぶりだし、色も薄いですが、結構咲いてくれました。

Cimg44062

最後は、春に立ち枯れ病で蕾がついた枝が枯れてしまって地際で剪定していましたが見事に復活!可愛い花を見せてくれた「白万重」です。

Cimg44092 Cimg44082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »