2010年春のバラ

お気に入りのクレマチス

バラにクレマチスにクリスマスローズ。

ガーデニング好きにとっては「三種の神器」?といわれる植物です。

私も勿論育てています。(笑)

クレマチスは、かなり以前に3株の苗を購入して育てたのが始まりですが、その後あまり増やすこともなく・・・・。

一昨年あたりから急に目覚めて?増やしはじめたものの、思ったように花数が増えず、難しいのかなぁ・・と思っていました。

が・・・・

今年、金子明人先生の講習会に行って「目からうろこ」状態に。

とても親切にご指導くださいましたよ~。

その後、力を入れて育てています。(笑)

お陰様で、今年はそれなりの成果が出ました~。

今日ご紹介するのは、ヴィオルナ系という壺型の花が咲く可愛い品種です。

去年の国際バラとガーデニングショウで一目惚れして苗をお迎えした子です。

「キングスドリーム」。

Cimg21502 紫と白のコントラストがとても美しいです。

花弁の先が少し反りかえるのが可愛らしい~。

      

「ストロベリーキッス」。

Cimg21722 キングスドリームのピンクバージョンのような花姿です。

名前もキュートですよね!

    

そして・・・

2番花が咲きだした「ジョセフィーヌ」。

Cimg21542 雨に濡れた姿も存在感がありますね~。

   

   

私はこの3品種を隣同士に置いて、ひとつのオベリスクに誘引しています。

来年は、もう少し立派な株立ちになってくれると思うので、誘引を工夫しなくちゃですね。(笑)

今日のおまけは・・・

Cimg21082 こちもお気に入りのバラ「マダムルナイー」です。

今年の初花ですが、好みの姿で咲いてくれました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨も悪くないかも・・

今年も?バラの状態があまり良くなくて綺麗な写真を撮れていません。

寒の戻りで成長が遅れた子達が、今蕾をたくさんつけているのですが・・・・・

雨や黒点病、バラゾウムシ、アブラムシなどの害にあって酷い状態なんです。

日中花の中に潜んでいたバラゾウムシを何匹捕まえたことか・・・

やはり、薬剤散布に頼らずというのは我が家では無謀なことなのかもしれません。

そんな中、梅雨空が思わぬ効果を見せてくれました。(そんな大げさなことでは・・・)

暑さと直射日光でやや元気を失っていたバラたちが、恵みの雨で元気を取り戻したように見えるのです。

葉や花が瑞々しくなったし、写真に撮っても優しく幻想的。

雨も良いものですね。

とはいえ、長雨だとまた元気をなくしちゃいますね。(苦笑)

あまり神経質にならずに、おおらかにバラとは付き合っていきたいです。

では、雨上がりに撮ったお気に入りをご紹介します。

尚、花弁の傷みは、ご容赦くださいね。

Cimg20762 Cimg20792 Cimg20822

Cimg20842 Cimg20872 Cimg20952

Cimg20922 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラとのコラボレーション

私はバラが大好きですが、バラだけの庭じゃちょっと物足りないように感じます。

バラのオンシーズンもオフシーズンも他の植物と共存?している庭が好きです。

その上、和洋折衷、自分の好きな植物をあれもこれも育ててみたい・・。

なので、我が家の小さな庭は、いつも植物でいっぱいです。

少しの山野草と育て易い蘭もあります。(苦笑)

鉢植えが多いので、季節ごとにその植物達の指定席は変化して、宿根草はあちらこちらにお引っ越しです。(笑)

早春の特等席?で頑張ってくれていたクリスマスローズも、半日陰や遮光下に移動して、替わりにクレマチスやハイビスカスなどが出てきました。

どの子も私の好きな品種ばかりですが・・・

最近は、フクシアや紫陽花も増加中。

冬越ししたフクシアは、少しずつ咲き始めています。

たくさん咲いたらご紹介しますね。

今日も昨日に続いて、小さな庭の花をご覧ください。

Cimg19282 Cimg19302 Cimg19402

Cimg19412 Cimg19462 Cimg19492

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラの香りに包まれて・・

ひと雨ごとに新緑が美しくなりますね。

我が家の小さな庭もバラの香りに包まれて、ドアを開けると爽やかで清々しい気持ちになります。

先日、有島薫氏のトークイベントがあると聞いて、京成バラ園に出かけてきました。

当日は、雨模様でしたので、傘をさしてのガイドツアーはちょっと大変だな・・・・と思っていましたが、

小雨の中のバラ達はとても美しくて、優しい雰囲気でした。

雲のお陰で、強い光が遮られた柔らかな光の中、バラ本来の色がはっきりと表れて、品種毎の違いも、一輪ごとの違いも良くわかったように思います。

雫を含んだ姿もロマンチックですね。

香りが弱くなってしまったのがちょっと残念でしたが・・・。

雨の日のバラ園、オススメです。

    

前回に続き、我が家のバラ達をご紹介させていただきますね。

Cimg18262 Cimg182729 Cimg18322

Cimg18462 Cimg18532 Cimg18552

Cimg18602 Cimg18682 Cimg18892

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本格的に・・・その2

昨日に続いて、撮りためた画像をご紹介させていただきます。

庭仕事に追われて、なかなか記事のUPが出来なかったので、日時の多少の前後はあるかと思いますがご容赦ください。

Cimg17182 Cimg17202 Cimg17212

Cimg17222 Cimg17272 Cimg17392

Cimg17422 Cimg17442 Cimg17492

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本格的に・・

モッコウバラも散って小さな庭の趣も大分変わりました。

今年は、モッコウバラの開花後、気温が低めの晴れの日が続いたため、最後は花吹雪状態になりました。

雨が多い年だと、花が黒く変色してカビが生えてしまうのです。

黄モッコウバラは、モッコウバラに比べると散り方が美しく、ハラハラと風に舞ってくれますが、モッコウバラは、花茎ごとポトリと落ちるように散るので、下の植物の上に落ちて雨が降るとその葉が傷むので手入れが大変なんです。

今年も、掃除が大変でした・・・(苦笑)。

とはいっても、元気をくれるこの花は手放すことが出来そうにありません。

今、次々とバラが開花しているのでいくつかご紹介します。

品種名は、省略させていただきますね。

花の雰囲気だけでも感じ取っていただければ幸いです。

Cimg16912 Cimg16922 Cimg16952

Cimg16972_2 Cimg16992 Cimg17022

Cimg17052 Cimg17062 Cimg17082 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りの開花~!

今日は日差しも強く、初夏らしい暑い一日でした。

湿度が低いので爽やかで、新緑の美しさも一際です。

私は、ほぼ一日中庭に出て、ガーデニング三昧で過ごしました。

この時期、害虫も多くなるし、植え替えや追肥をしたり、やるべきことはたくさんあります。

つる植物は、成長に応じて誘引も必要ですし・・・。

育てている種類だけは多いので、あれをこうして、これをああして・・・と次々思いつくのですが、途中で忘れてしまったりでなかなか捗りません。(笑)

これって、のんびり屋の性格だからでしょうか。(苦笑)

    

バラ愛好家が集う「国際バラとガーデニングショウ」が終わりましたね。

楽しまれた方も多いのでは・・・。

そして、これからがバラの本格的なシーズンになります。

我が家でも、お気に入りの子が開花しました~。

今年は、蕾が膨らむのに時間がかかったせいか、花の色も濃くて大きいように感じます。

Cimg16702 Cimg16672 こちらのコロッとした花は「ラレーヌビクトリア」。

ピンクの花弁が幾重にも重なってとても愛らしいんですよ。

香りも素敵です。

枝変わりに「マダムピエールオジェ」がありますが、こちらも人気の品種ですね。

Cimg16712 Cimg16722 「バロンジロードラン」。

咲き進むとやや紫がかった色になります。

香りも濃厚で花数も多いです。

Cimg16652 「アブラハムダービー」。

花弁のグラデーションが美しいです。香りも強くて、辺り一面に良い香りが漂います。

花数も多くて、繰り返し良く咲いてくれるんですよ。

今年は、株元から元気なベーサルシュートが出てきていて元気いっぱいです。

Cimg16502 Cimg16842 「スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン」。

蕾が開くとまったく違った表情を見せてくれますね。

咲き進むと退色してかなり淡いピンクになります。

Cimg16852 「マルメゾン庭園の思い出」・・名前も素敵ですね。

遠い昔・・・ジョセフィーヌはどのような思いでバラを見ていたのでしょう。

     

皆さんのお庭ではどんな花が咲いていますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW・・・

楽しみにしていたGWも終わって、いつもの日常が戻ってきました。

今年は、連休中晴天が続いて、少し前の寒かった日々が嘘のように初夏らしい天候でしたね。

皆様はどんなGWを過ごされたでしょうか。

私は、近隣に藤を見に出かけたくらいで遠出はせず、ガーデニングを楽しみました~。

小さな庭の「今」をご紹介させていただきますね。

Cimg14962 Cimg15062 まずは「モッコウバラ」。

ほとんど満開です~。

我が家は、「白」がメインで「黄」がアクセント?程度に入っています。

玄関先に出ていたら、通りがかりの方に「綺麗ですね~」と声をかけられて嬉しくなっちゃいました。

爽やかで甘い香りが優しく漂っているんですよ。

Cimg15122 Cimg15102 モッコウバラの下には、クレマチスも咲きはじめています。

   

    

     

    

Cimg14982 蕾が大きく膨らんだ株もあります。

今年は特にクレマチスに力を入れたので?開花した順にご紹介する予定です。

Cimg15022 P50105072 そして球根から育てた「ラナンキュラス」。

とても貧相な?球根だったので無事に育つか心配でしたが、予想以上に草丈が伸びて元気に咲いてくれました。

Cimg14942 君子蘭も見頃になりました。

今年は遅霜があったので、簡易温室に入れていた期間が長くて、出したとたんに開花したような感じです。

それでも花色は、例年以上に鮮やかのように思います。

他にもいろいろありますが、続きは次回に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も豊作?

今日は曇りですが暖かです。

明日はまた雨模様のようなので、青い空が恋しいです。

うららかな春・・・とはいきませんが、植物達は少しずつ生育しています。

今年もブルーベリーが開花しました。

昨年同様に、たくさんの花をつけています。

Cimg14422Cimg14412_2  昨年との大きな違いは、若木だった「ホームベル」(左)にも花が咲いたこと。

ブルーベリーは、異なる2品種を植えたほうが結実しやすいそうで、我が家も2品種育てていますが、昨年は株の大きさが違ったので片方(ティフブルー・・右)しか開花しなかったのです。

それでも予想以上の収穫だったので、今年はさらに豊作の予感?

小さなベル型の花は、清楚でとても可愛らしいし、果実も楽しめるのでオススメです。

Cimg14432 Cimg14442  モッコウバラも開花までもう一息。

花のトンネルができるのももうすぐです~。

自然に落ちてしまう蕾も多いのですが、それも自然の摂理かもしれません。

全ての蕾が咲いたら、込み過ぎて綺麗に開かないと思います。

蕾が膨らみ、色付いてくる今頃も満開のときと同じくらい、ワクワク楽しいときですね。

Cimg14452 元気といえば「ツルニチニチソウ」。

暖かくなると同時にグングン伸びて、綺麗な花を咲かせます。

あっという間に辺りを覆ってしまうんですよ。

まめに剪定をして、株の大きさを調節しています。

Cimg14472 最後に、先日の「リカステ」です。

こんな表情の子になりました。

濃いピンクが印象的ですね。

今日は気温も上がるので、玄関に置いているハイビスカスの鉢達を外に出してみようと思っています。

少しずつ外での生活に慣れてもらわないと・・です。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

満開!

先日の暖かさはどこえやら・・・・・記録的な寒い4月になっていますね。

今朝、こちらでもみぞれが降って、あたりが薄ら白くなりました。

折角伸び始めた新芽も寒さに震えているようです。

天候不良の農作物への被害が心配ですね。

明日から天候も回復しそうなので、植物の順調な生育を期待したいです。

Cimg14212 前回ご紹介した我が家の桜も満開になりました~。

本当に小さな盆栽ですが、辺りが明るく華やかになります。

    

Cimg14292Cimg14312  蘭のシンビジュームも満開です。

柔らかなピンクがかった花色がとても優しい印象。

私のお気に入りの子なんですよ~。

Cimg14252 初開花のリカステも開き始めました。

どんな花色かとても気になっていましたが、濃いピンクのようですね。

開ききったらどんな表情なんでしょう。

またひとつ楽しみが増えました~。

Cimg14082 Cimg14102 庭のバラ達にも蕾が見えてきました。

まだまだ小さな蕾ですが、開花への期待は膨らむばかり。

     

Cimg14112 でも、ちょっと油断していたらあの憎き「バラゾウムシ」の餌食になった子がいくつも・・・。

バラを育てていらっしゃる方は気をつけてくださいね。

Cimg14152 Cimg14172 クレマチスの花芽も大分大きくなりましたよ~。

つるが込み合ってちょっとくしゅくしゅしちゃっていますが・・・(笑)

一度に開いたら見事でしょうね。

バラとのコラボが夢なのですが、ちょと難しいかしら・・。(苦笑)

    

寒暖の差が激しく、体調を崩される方も多いので、皆様もご自愛くださいます様に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧