« ホトトギス | トップページ | 細々と・・・ »

すっかり趣が変わって・・・・

昨日、私のお気に入りの「佐倉草ぶえの丘バラ園」で母校の演奏会があると聞いて、早速出かけてきました。

久しぶりに聴く母校の吹奏楽部の演奏。

制服に身を包み誇らしげに一生懸命演奏する生徒さん達を見ながら、自分の遠い青春時代に思いをはせました。

演奏も素晴らしかったですよ~。

 

勿論、バラ園の様子も気になったのでのぞいてきました。

このバラ園は、オールドローズが中心なので、春は本当に賑やかで華やかにバラ達の競演が繰り広げられていましたが、一転、秋は花も少なくとても静かでした。

バラ達はシュートを旺盛に伸ばし、来春へ向けてエネルギーを貯えているように見えます。

一季咲きのオールドローズの、春を迎える準備はもう始まっているのですね。

 

F1000048 F1000026 そんな中で、あちらこちらに、色鮮やかなローズヒップがたわわに実っていました。

形も色も大きさもそれぞれに特徴があって、変化に富んで美しい光景を創り出しています。

四季咲きのバラ園では見られない楽しみ方がありました。

F1000032 F1000052 秋が深まると、実はさらに熟して、小鳥たちの餌になったり、地に落ちて春に芽吹いたりと、変化して行くのですね。

 

 

F1000033 私も大切にしているモッコウバラも元気に四方に枝を伸ばしていました。

こちらのモッコウバラは、自然樹形を大切に枝垂れるように咲かせていて、春の開花は柔らかでほわっとした印象。

時折、枝咲が風にそよいで、なんとも風情があるのですよ~。

剪定が済んでいたら参考にさせていただこうと思っていましたが、我が家と同じ状態だったのでまた次の機会を楽しみに・・・。

F1000018 F1000021 バラの株元で咲いている草花達も、春とは違って、落ち着きのある穏やF1000009 かな印象でした。

 

 

F1000023_2 華やかな春も、落ち着いた秋も、それぞれに趣深くて良いものですね。

 

 

四季折々訪ねて、その移ろいを楽しんでみたいと改めて感じたひとときでした。

|

« ホトトギス | トップページ | 細々と・・・ »

佐倉草ぶえの丘バラ園」カテゴリの記事

コメント

バラの花とローズヒップは、女性にとって格別ですよね
お花の種類によって、形色、さまざまな姿を見せてくれる
可愛いローズヒップ
見ているだけで、楽しいですね
自然の営みって、ほんとにすごいですよね
バラ園も、満開のときしか行ったことがないのですが
四季折々の愉しみ方も沢山なのですね
お花たちも、春夏とは趣の違う雰囲気で
やはり、しっとりとした秋の訪れを感じますね
我が家のモッコウバラは、葉っぱが少し黄色になってきました
このままで大丈夫かなぁ~
なんとか来年一輪でも咲いて欲しいのですが・・・
母校の吹奏楽部演奏会、楽しかったでしょう
制服姿を見るだけでも、青春の頃を思い出しますよね
モッコウバラさんは、フルートが似合いそうな感じですね

投稿: ふく | 2008年10月 5日 (日) 16時14分

ふく様
こんばんは。
ローズヒップは、一季咲きのバラの特典と言っていいかもしれませんね。
四季咲きのバラは、次々と開花させるために早めに花ガラ切りをしてしまいますから・・。
中でも大きなものは、ミニトマト?と思ったくらい立派で艶やかでしたよ~(笑)

これからの季節、野山の木々にも色々な実が色づいて目を楽しませてくれそうですね。

モッコウバラは、落葉しますから冬には丸坊主になってしまいます。ふく様のお家の子もその準備かもしれませんね。黄色と白とでは、若干落葉の仕方にも違いがあるようですが・・。
株に勢いがつくと急にグングン大きくなりますから、気長に待ってあげてくださいね。
ふく様の愛情が届いて、来年桜の咲いたあと、可愛い花芽がきっと顔を出してくれますよ~。

制服・・なぜか見るだけでも胸がキュンとなってしまいます。形は当時と変わらないものの、スカート丈と靴下の色に時代の流れを感じました。(笑)
フルート・・清らかな音色が好きです。
が、残念ながら音楽の素養が全くない私には縁がありません。嗚呼~。

投稿: モッコウバラ | 2008年10月 5日 (日) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すっかり趣が変わって・・・・:

« ホトトギス | トップページ | 細々と・・・ »