« 京成バラ園2008年春・・その4 | トップページ | 記念日 »

久しぶりに・・

家のバラも残り少なくなったと以前にお話しましたが、今日は久しぶりに家のバラをご紹介します。

Cimg54162 「バレリーナ」。

小さな鉢植えを数年前に購入して、一昨年地植えにしました。

可愛い一重のピンクの花をたわわに咲かせてくれるのですが、今年は色が薄いです。

株が大分大きく育ったので、満開になると、とても明るく華やかになります。

細かい棘が多いので、多少扱い難いこともありますが、枝は柔らかいので誘引しやすいです。

Cimg54902 「ヘリテージ」。

今年大苗で購入して、やっと咲きました。

思った以上に枝が細いので、華奢な感じがします。

比較的古い品種なのに未だに人気があるのは、その可憐さからではないでしょうか。

Cimg54522 「ドミニクロワゾー」。

お正月に購入した福袋の品種です。

花が小さいので印象が薄いかと思っていましたが、純白の花がうつむき加減に房咲きになると、まるで妖精のように可憐です。

Cimg54752 「サンテグジュベリ」。

濃いピンクの花色が印象的です。

今年は膨らんだ蕾が開くまでに時間がかかり、外側の花弁が傷んでしまCimg54742 いました。

本来の美しい花姿は、秋に見られるようなので期待したいですね。

  

最後はお気に入りの2枚です。

Cimg54822 「バーバラオースチン」。

やっと思い描いていた姿の花が咲きました。

  

Cimg54732 「シャンテロゼミサト」。

開花した花も美しいですが、雨に濡れた蕾もとても魅力的です。

|

« 京成バラ園2008年春・・その4 | トップページ | 記念日 »

2008年春のバラ」カテゴリの記事

コメント

おはようございま~す♪
バレリーナのシンプルで可愛いお花
お部屋の中からでも楽しめそうですね
沢山蕾がついてて、これから大きくなって窓を
覆ってしまうくらい、咲き乱れるのかも・・・
素敵でしょうねぇ~
ドミニクロワゾーの無垢な色
今年は、沢山のばらをみせていただきましたが
ここまで真っ白なバラって少ない様な気がするのですが・・・
素敵ですねぇ~
サンテグジュベリの優しい繊細な色と花びら
とっても優しい雰囲気で好きですね
雫に覆われた、可愛い蕾、なんて綺麗なんでしょう
幻想的ですねぇ~
繊細な花びらが、雫の重みで、はがされそう・・・
関東は入梅で、これから雨が多くなりそうですね
ばらさんたち、無事に乗り切ってくれます様に!!

投稿: ふく | 2008年6月 3日 (火) 07時23分

ふく様
おはようございます。
「白」っていっても様々な色がありますが、無垢な印象を受ける「純白」ってそんなに多くないように思います。
純白には、花姿も可憐で繊細な印象が似合いますね。
HTなどの、凛としていて潔い「白」い花は、高貴で潔癖な強さを感じます。
どちらも美しい「白」ですが、最近の私は、優しく清らかな乙女をイメージさせる、この「ドミニク・・」や「マダムアルディ」「マダムプランティエ」などが好きです。
これは、自分に無いものを望んでしまう心の現われだと思います。(笑)

関東も入梅したので、バラ達もしばらく辛抱の日が続きます。雨の止み間をみて、手入れをしてあげないと・・。

投稿: モッコウバラ | 2008年6月 3日 (火) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに・・:

« 京成バラ園2008年春・・その4 | トップページ | 記念日 »