« 京成バラ園2008年春・・その3 | トップページ | 久しぶりに・・ »

京成バラ園2008年春・・その4

京成バラ園の様子を掲載してきましたが、今日で最後になります。

最終日の今日は、新しい品種をご紹介しますね。

Cimg52842 「ピンクサクリーノ」。

「国際バラとガーデニングショウ」でも鉢植えを見ましたが、桜の花のイメージがピッタリで、とても可愛らしい花です。

一度目にしたら記憶に残る花姿ですね。一重の花弁にシベが映えて、美しいです。

Cimg52942 「キャラメルアンティーク」。

名前のようにキャラメルを思わせる花色です。

花弁数が比較的多くてクラシカルな雰囲気もありますね。

花色と花姿がミスマッチで素敵だと思います。

Cimg53022 「マリーアントワネット」。

清楚で優美な印象です。

  

Cimg53032 悲劇的なヒロインの名前というよりは、何も知らない無垢なお姫様のようです。

咲き始めの様子と咲き進んだ様子がかなり印象が変わるのも「らしい」ですね。

Cimg52962 「ルージュピエールドゥロンサール」。

人気のつるバラ「ピエールドゥロンサール」の真紅バージョンのような名前ですが、品種は全く違うようです。

見た目の印象もかなり違います。

ですが、名前も真紅の花色も、とても人目を引くので人気がでそうですね。

Cimg53222 「アクロポリスロマンティカ」。

アプリコットがかったベージュの花弁の縁にややピンクを滲ませたような特徴ある花です。

一輪だけだとあまり目立ちませんが、株全体を見ると印象的です。

Cimg53402 そしてオーラスは、今回一番心惹かれた花です。

花色に何とも言えぬ奥ゆかしさを感じました。

「フローレンステラッター」です。

|

« 京成バラ園2008年春・・その3 | トップページ | 久しぶりに・・ »

京成バラ園」カテゴリの記事

コメント

モッコウバラさん、こんばんわ~♪
「ピンクサクリーノ」は、お花も葉っぱもバラのイメージとは違って・・
そうそう、桜のイメージですね
日本的な、奥ゆかしい美しさを感じさせる魅力的なバラですね
「ルージュピエールドゥロンサール」の華やかさと可愛らしさ
「アクロポリスロマンティカ」の独特の色合い
みんな、本当に綺麗で、いつまでも心に残りそうですが
私も、特に印象深いのは、「フローレンステラッター」ですね
なんともいえない色、目立たない様で、個性がキラリと輝いて目だっていますよね
京成バラ園の素敵なバラたち、拝見できて、嬉しかったです
ありがとうございま~す♪\(^_^)/

投稿: ふく | 2008年6月 1日 (日) 22時07分

ふく様
「宮城野」がお好きとおっしゃっていたふく様なら、華やかな主役の花よりも、「フローレンス・・」のように目立たず慎ましやかな雰囲気の花をお好みだと思いましたよ。
この花は小ぶりなので、一輪だけではその良さが分かり難いですが、株全体を見ると、とても雰囲気があります。

園芸店などで「宮城野」を探しますが、見かけません。「安曇野」はよくありますが・・・。
案外、ふく様のように大切に育てていらっしゃる方のもとで、美しく咲いている姿に、気付かないところで出会っているかもしれませんね。

投稿: モッコウバラ | 2008年6月 3日 (火) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京成バラ園2008年春・・その4:

« 京成バラ園2008年春・・その3 | トップページ | 久しぶりに・・ »