« 春のバラ達・・その12 | トップページ | ピエール・ドゥ・ロンサール »

春のバラ達・・その13

ずっと、つるバラをご紹介してきましたが、これが最後のつるバラになります。

他のつるバラは、昨年春に新苗を購入した一期咲きのバラなので、今年が初めての開花になるからです。といってもあと2種類だけですが・・・。

7_035 「アンジェラ」です。

シュラブとして扱う場合もあるようですが、よく伸びて大きくなります。
香りはほとんど無いのですが、花姿がとても可愛いです。色と形もよく合っていると思います。一度にたくさんの房咲きになるので、華やかですよ。
211 昨年思いの外太いシシュートが出たので、今年はアーチにも誘引してみました。
どんな花付きをするのかとても楽しみにしています。

因みに、この株は地植えではなく、少し深めのプランターに植えているので、これからの土替えが大変になりそうです。

|

« 春のバラ達・・その12 | トップページ | ピエール・ドゥ・ロンサール »

2007年春のバラ」カテゴリの記事

コメント

雨に洗われてピンクがより鮮やかで可愛いですね
沢山咲くと華やかでしょうね
ステキなバラに囲まれてのティータイム
ご一緒させていただきたいで~す・・・( ^^)_U~
お手入れも大変そうですね
腰痛にならない様に気をつけてくださいね
バラも、いつも愛情に包まれて幸せですね
もうすぐモッコウバラさんのお宅はバラに包まれるんですね
素敵でしょうねぇ~

投稿: ふく | 2008年3月 9日 (日) 15時38分

ふく様
雨が続くと蒸れて病気が発生しやすいですが、露を含んだバラも風情があって美しいものです。
つるバラは、自分の背丈より高い位置で一度にたくさんの花をつけてくれるので、華やかな印象になりますね。
もちろん上手な方は、仕立て方によって低い位置から見事に咲かせる方もいらっしゃいますが、私にはその力量がありません。(笑)
でも、家には家なりの良さがあると思って育てています。

投稿: モッコウバラ | 2008年3月10日 (月) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のバラ達・・その13:

« 春のバラ達・・その12 | トップページ | ピエール・ドゥ・ロンサール »