« 春のバラ達・・その6 | トップページ | 春のバラ達・・その7 »

名無しのバラさん

昨日も書きましたが、園芸店などで「見切り品」の苗を見るとつい購入したくなってしまいます。
弱った苗を「元気にしたい」という気持ちと、「お買い得?」という意識が購買意欲に拍車をかけるのかもしれません。(笑)

今家にあるバラ達の中にもそういった状態で購入したものがいくつもあります。
今日ご紹介するバラは、「品種不明」で売られていたものですが、どちらもお気に入りのバラとして大切にしています。
「見切り品」から苗を選ぶとき、宝くじを買うときに似たドキドキを感じます。(笑)

3_5_2 3_20_2 こちらは、いくつかあった「見切り品」の中で、唯一赤い蕾をつけていました。季節は秋。「オールドローズ」の記載はあったので、返り咲きか四季咲きの品種は少ないから、花を見れば品種を調べやすいかも・・、と思って購入しました。
その蕾が開くと、予想していた以上に素敵な花姿でダマスクの香りも好みでした。
繰り返しよく花をつけてくれ、明るめの葉ともベストマッチ。
特徴からは「ローズ・ドゥ・レシュ」かと思われます。

3_24 スタンダード仕立てに憧れていましたが、高価なのであきらめていました。
そんなときに近くの園芸店で「半額」になっていたこの子と出会ったのです。
短く剪定された枝にはほとんど棘がなく赤みを帯びていて、直感で「きっと素敵な花を咲かせてくれる」と思ったのです。
品種名はやはり無くて「四季咲き赤」とありました。
他にも「黄色」「ピンク」と記された鉢がありましたが、私は迷わずこの鉢を選びました。
結果は・・・・この子も「大当たり」。
真紅の剣弁高芯咲き、四季咲き性で華やかな印象です。私のイメージ通りの花でした。

「当たり」「はずれ」などと、バラに対して失礼ですね。
しかし、たとえ思い通りの花ではなくて「はずれ」であっても、一生懸命に咲く姿はとても愛しくて、いつの日にか「大当たり」に変わってしまいます。

|

« 春のバラ達・・その6 | トップページ | 春のバラ達・・その7 »

2007年春のバラ」カテゴリの記事

コメント

見切り品のバラ(*^。^*)
絶対お買い得ですよねぇ
モッコウバラさんなら、元気にしてあげられるもの・・・
品種不明のバラ、すごく可愛いですね
沢山の花びらが重なって、豪華!!
しかも香りが良い・・
半額の子も花びらの巻具合が、素敵だし
色も、なんともいい様のない深い色
ビロードみたいな、高級感溢れてますね
宝くじより当選率高い買い物ですよぅ~(笑)
大当たりばかりで、羨ましいで~す

投稿: ふく | 2008年2月20日 (水) 23時22分

ふく様
バラは思った以上に丈夫なので、黒星病などで葉を落としても、結構復活してくれますね。
また、毎年成長するので、今年花付きが悪くても「来年があるさ」と長い目で育てられます。
試行錯誤しながら、その株の特性を見つけるのも楽しみのひとつですね。
ふく様にも素敵な出会いがありますように。

投稿: モッコウバラ | 2008年2月21日 (木) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名無しのバラさん:

» モッコウバラの剪定、挿し木 [モッコウバラの剪定、挿し木]
モッコウバラとは、春から初夏にかけて淡い黄色や白の小さな花を咲かせるバラの一種。トゲはなく、つたは6メートルにもなる。病気や害虫に強く、育てるのが簡単。挿し木で増やすことができる。古くは江戸時代から園芸好きに好まれてきた。また、門やアーチにモッコウバラを利用している家も多く見られる。... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 20時51分

« 春のバラ達・・その6 | トップページ | 春のバラ達・・その7 »