2007年春のバラ

昨年の今頃・・・

午前中の日照が少なかったせいか、咲き始めたモッコウバラは、思ったほど咲き進みませんでした。

ふと、昨年の今頃は、どんな様子だったかしら?と思い出し、昨年の画像を探してみました。

4_1552 4_1542 これは、昨年の5月7日の画像です。

白モッコウバラがまだ咲いていて、ブルーのクレマチスも見えます。ピンクのバラは、「ロイヤルボニカ」。「つるブリームーン」の蕾も大きく膨らんでいますね。

開花時期が絶妙に重なって、改めて振り返ってみても美しいと思います。

今年は、モッコウバラが散る頃にバラが咲き始めるのでは・・・。

自分が思うように開花時期を合わせることは難しいですね。

今はそれぞれのバラが、元気に開花してくれることを願うばかりです。

4_1192 そしてこれは、おまけ。

ミニバラの「テディベア」です。

レンガ色の珍しい花色と、可愛い名前が魅力的なバラですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春のバラ達・・その25

季節はずれの暴風雨が過ぎ去ったあとは、落ち葉やゴミが吹き溜まっています。

今日も朝から雨模様・・・・。

バラの蕾探しもお預けです。

でも、バラ達はちょっとずつでも確実に成長して蕾をつけ始めています。

今日のバラは、

3_22 「F.J.グーテンドルスト」

です。

昨年雑誌で見つけて、カーネーションのような花形が気に入って購入しま3_25 した。

花は小ぶりですが、房咲きになります。

棘が多いので、注意が必要です。

昨年は、天候の影響か、蕾が大きくならないうちに黄色くなって痛んでしまうものも多かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春のバラ達・・その24

以前、「香粉蓮」というバラをご紹介しましたが、このバラにちょっと似ているなと思うオールドローズがあります。(あくまで私的な印象ですが・・・)

名前は

3_0020 「レディヒリンドン」。

細い枝を良く伸ばして、花付きも良いですよ。

枝の伸ばし方や色も似ていますが「香粉蓮」よりも素直?な花姿だと思い3_29 ます(笑)。

二枚の写真を比べてみてください。

どうですか?似ていると思いませんか・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春のバラ達・・その23

このところ春らしい陽気が続いて、桜をはじめ咲き競う花を楽しみに過ごしていましたが・・・・

打って変って、小型台風のような暴風雨になりました。

幸いにも被害は出ませんでしたが、植物のダメージが心配です。

明朝、早速見回らなくちゃ・・・・。

今日のバラは

3_006 「アプリコットネクター」

です。

名前の通りのアプリコット色で香りも強いです。

7_041優しい雰囲気が好きで、園芸店を回ってやっと見つけて購入しました。

フロリバンダの中では大きな花をつけます。

枝が良く伸びるので、どうしても樹高が高くなりやすいですが、葉はそんな に密に茂りません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春のバラ達・・その22

このところ家のビオラの背丈が急に伸びて、株が乱れてきました。

花姿は、まだ綺麗ですし、元気いっぱいなのですが、そろそろ少し切戻す時期かもしれませんね。

そのはさみを入れる決心がなかなかつかないのです・・・・・。

皆さんはいかがですか?

私は、もう少し先延ばしにしてしまいそうです。(笑)

今日ご紹介するバラはイングリッシュローズの

7_0713_34  「グラミスキャッスル」です。

輸入苗を購入したためか、枝の成長がゆっくりです。

鉢植えにも適する樹形なのであまり大きくはならないのですが・・・。

7_085 昨年は背丈?に似合わず大きな花を咲かせてくれました。

純白のクシュクシュとしたカップ咲きで、愛らしい印象の花です。

どんな植物と合わせても、相性が良いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春のバラ達・・その21

私が現在育てているバラ達の昨年の春の様子をご紹介しはじめて、前回で20を数えました。

何分画像も少ないですし、説明も主観的で簡単なので、各品種の特徴などは分かり難かったのではないでしょうか。

そんなブログでも、お好きな品種を見つけてくださった方が少しでもいらっしゃったら嬉しく思います。

撮りためた写真を振り返ってみると、品種が分からなくなってしまったものもあって、ご紹介できないものも結構ありました。

今年のバラの写真は、しっかり記録を残して、育てているすべてのバラ達をご紹介できるように努めたいと思っています。

4_150 さて、今日ご紹介するバラは「香粉蓮」です。

アプリコットの花の縁にほんの少しピンクが入って、強めにクルッと外巻きになります。

3_29 枝は細く横張り性で、華奢な印象です。ロゼット咲きに近いのですが、かなり個性的な花姿だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春のバラ達・・その20

東京の桜も大分開きましたね。今週末は見頃のようです。

家の桜ももう一息で開きます。蕾の数も昨年よりちょっと増えました。

今週末には開くといいなぁ。

今日ご紹介するのは、イングリッシュローズの

8_267 「サマーソング」

です。

まだ新しい品種で、濃い朱色の花色が特徴的です。

8_268 パットオースチンよりもずっと目立ちますよ~。

カップ咲きで端正な花姿も気に入っています。

ただ、暑さには弱いのか昨年の夏は応えたらしく、秋以降ちょっと元気がありませんでした。

今年は、夏の間、日差しの少ないところに置いてあげようと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春のバラ達・・その19

今日は雲ひとつ無い晴天。風もなくとても暖かです。

庭に出て花達を見ていると、随分と日差しが強くなったことに驚かされます。

植物達も、本当に一雨毎に成長しているのがわかりますね。

桜の開花も早まりそうです。

3_0018 3_0025 今日のバラはHTの「グレー・パール」。

シックな色合いが不思議な魅力の花です。

茶色掛かったグレーとでもいうのでしょうか。
花姿は剣弁高芯咲きからクォーター・ロゼット咲きになり、香りはさほど強くないようです。

やや育てにくい品種と聞いていたので、我が家でも一番日当たりの良い特等席に置いて育てています。

3_28_2 その甲斐あってか、枝の伸びも良くて、よく花を付けてくれます。

やはりお日様に勝る栄養はないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のバラ達・・その18

昨日からの雨もやっと上がりましたが、まだ風が強く肌寒いです。

強い雨の影響で、庭のラナンキュラスや水仙が首をたれてしまっています。

今日は飛んできた落ち葉を掃いたり、痛んだ花の手入れが必要ですね。

5_127 さて、今日ご紹介するバラは、オールドローズの「ジャックカルティエ」です。

この花の特徴は、花梗がとても短いこと。

まるで、葉っぱの上にぽんと乗っているように咲くんですよ。
7_105

ですから、蕾が沢山付いたときはとても窮屈そうで・・・・。

最後の蕾が傷んでしまうこともあります。

花姿は、ピンクのクシュクシュとしたクォーターロゼット咲きで、強い香りがあります。

返り咲きなので、意外な時期に花を楽しめるのも魅力です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のバラ達・・その17

5_099アンティークタッチのバラ・・・。

私はオールドローズの風情を残したバラが好きで、特に花びらがクシュクシュとした品種がたまりません。

7_059_2 この「チャイコフスキー」もロゼット咲きが魅力ですね。

画像の花色は、クリームより淡くてアイボリーに近いです。

7_090 枝もやや横張りにぐんぐん伸びます。

ご覧のように花付きも良いですが、残念なことにあまり香りがありません。

今年も元気に新芽を伸ばしているところです。開花が楽しみなバラです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)